コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大熊座 オオグマザ

大辞林 第三版の解説

おおぐまざ【大熊座】

北天の星座。五月初旬の宵、日本の天頂付近に見える。主な部分は北斗七星。ベータ星とアルファ星とを結んだ方向へ約五倍延ばした所に北極星がある。ギリシャ神話では、ゼウスの妻ヘラの嫉妬しつとによって熊にされた美女カリストをゼウスが空に据えたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大熊座の関連キーワードインゲボルグ バッハマンテスカトリポカ重力レンズ現象ギリシャ神話惑星状星雲おおぐま座不規則銀河更科 源蔵バッハマンカリストアルカス運動星団バハマン添え星山猫座ゼウス北天紫微