コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大熊座 オオグマザ

大辞林 第三版の解説

おおぐまざ【大熊座】

北天の星座。五月初旬の宵、日本の天頂付近に見える。主な部分は北斗七星。ベータ星とアルファ星とを結んだ方向へ約五倍延ばした所に北極星がある。ギリシャ神話では、ゼウスの妻ヘラの嫉妬しつとによって熊にされた美女カリストをゼウスが空に据えたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android