大熊座(読み)おおぐまざ

精選版 日本国語大辞典「大熊座」の解説

おおぐま‐ざ おほぐま‥【大熊座】

北天の星座ギリシア神話で、カリストという美女が女神のにくしみをうけて変えられたに見立てる。この星座の中で特に目立つ部分が北斗七星で、そのα(アルファ)星とβ(ベータ)星を結ぶ方向はほぼ北極星の方向に向かうので、古来航海や暦学上用いられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android