コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小熊英二 おぐま えいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小熊英二 おぐま-えいじ

1962- 平成時代の思想史学者,歴史社会学者。
昭和37年9月6日生まれ。岩波書店勤務をへて,東大大学院にまなび,平成12年慶大助教授。平成8年「単一民族神話の起源」でサントリー学芸賞。15年「〈民主〉と〈愛国〉戦後日本のナショナリズム公共性」で毎日文化賞,大仏次郎論壇賞。25年「社会を変えるには」で新書大賞。27年「生きて帰ってきた男―ある日本兵の戦争と戦後」で小林秀雄賞。東京都出身。東大卒。著作はほかに「〈日本人〉の境界」「インド日記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小熊英二の関連キーワード新藤兼人森一生川島雄三コーマントリュフォーグレツキ埼玉西武ライオンズ野村芳太郎バディム久松静児

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小熊英二の関連情報