小牡鹿(読み)さおしか

精選版 日本国語大辞典「小牡鹿」の解説

さ‐おしか ‥をしか【小牡鹿】

〘名〙 (「さ」は接頭語) おすの鹿。牡鹿(おじか)。《季・秋》
書紀(720)顕宗即位前「脚日木此傍山、牡鹿之角〈牡鹿、此云左烏子加〉」
※源氏(1001‐14頃)匂宮「秋はよの人のめづる女郎花さをしかのつまにすめる萩の露にもをさをさ御心うつし給はず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小牡鹿」の解説

さ‐おしか〔‐をしか〕【×牡鹿】

《「さ」は接頭語》雄の鹿。おじか。 秋》「―のよび下る月の尾上かな/闌更

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android