匂宮(読み)におうみや

大辞林 第三版の解説

におうのみや【匂宮】

〔「におうみや」とも〕
源氏物語の巻名。第四二帖。
○ 源氏物語の作中人物。宇治十帖の主要人物の一人。今上帝と明石の中宮の間の第三皇子。光源氏の孫。光源氏の色好みの性格を受け継ぎ、浮舟をめぐって薫と争う。匂兵部卿宮。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

におう‐みや にほふ‥【匂宮】

(「におうのみや」とも)
[一] 「源氏物語」の登場人物。光源氏の孫。明石中宮と今上帝との間の第三皇子。薫とともに宇治十帖の主人公で、光源氏の色好みの面を引き継ぐ。薫が身体から芳香を発するのに対抗し、すぐれた香を衣にたきしめていた。匂兵部卿宮。
[二] 「源氏物語」第四二帖の名。薫一四歳の春から二〇歳の正月まで。源氏の没後、世人が匂宮と薫とを並称したこと、薫は自分の出生が不審で沈みがちであり、匂宮は薫に対抗するように花やかにふるまうことなどを中心とする。別名、匂兵部卿または薫中将。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android