コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匂宮 におうみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

匂宮
におうみや

源氏物語』中の人物。匂兵部卿宮ともいう。冷泉院第3皇子。母は明石中宮 (源氏の娘) 。薫大将とともに「宇治十帖」の中心人物容色,才能ともにすぐれ,好色で情熱的な貴公子

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

におうみや〔にほふみや〕【匂宮】

源氏物語第42巻の巻名。薫大将、14歳から20歳。匂宮ととの生い立ちが中心。におうのみや。
源氏物語の登場人物。光源氏の孫。今上帝の第3皇子。宇治十帖の主要人物で、薫と浮舟をめぐって争う。匂兵部卿宮。におうのみや。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

におうのみや【匂宮】

〔「におうみや」とも〕
源氏物語の巻名。第四二帖。
○ 源氏物語の作中人物。宇治十帖の主要人物の一人。今上帝と明石の中宮の間の第三皇子。光源氏の孫。光源氏の色好みの性格を受け継ぎ、浮舟をめぐって薫と争う。匂兵部卿宮。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

匂宮の関連キーワード打ち返す・打返す此れ彼・是彼新源氏物語明石の中宮思ひ鎮まる思ひ澄ます物慣れ寄るそこはかとべかめり遅らかす限りの度思い寄る後らかす生り出づ心遣り所窶ればむ匂宮三帖見置く色好み扱ひ種