コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田切春江 おだぎり しゅんこう

2件 の用語解説(小田切春江の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田切春江 おだぎり-しゅんこう

1810-1888 江戸後期-明治時代の画家,武士。
文化7年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。森高雅らにまなぶ。馬廻,書院番などをつとめ,慶応元年藩命で「尾張志」「美濃(みの)志」の絵図を作成した。また岡田啓とともに「尾張名所図会」をあらわした。明治21年10月19日死去。79歳。名は忠近。通称は伝之丞。別号に歌月庵,喜笑。著作に「奈留美加多(なるみがた)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小田切春江

没年:明治21.10.19(1888)
生年:文化7(1810)
幕末明治期の画家。尾張藩士の長男として名古屋に生まれ,家督を継いだが,明治期には神職に就く。絵は高力猿猴庵,森高雅に師事。『尾張名所図会』(1844)の挿絵など,主に版本,地図,工芸意匠で活躍。

(佐藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小田切春江の関連キーワード伊東潮花酒井玄悦坂本奇山志賀山せい(5代)昇斎一景酔雪関直吉土田古弓中村理禎松平直春

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone