コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田切春江 おだぎり しゅんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田切春江 おだぎり-しゅんこう

1810-1888 江戸後期-明治時代の画家,武士。
文化7年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。森高雅らにまなぶ。馬廻,書院番などをつとめ,慶応元年藩命で「尾張志」「美濃(みの)志」の絵図を作成した。また岡田啓とともに「尾張名所図会」をあらわした。明治21年10月19日死去。79歳。名は忠近。通称は伝之丞。別号に歌月庵,喜笑。著作に「奈留美加多(なるみがた)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小田切春江

没年:明治21.10.19(1888)
生年:文化7(1810)
幕末明治期の画家。尾張藩士の長男として名古屋に生まれ,家督を継いだが,明治期には神職に就く。絵は高力猿猴庵,森高雅に師事。『尾張名所図会』(1844)の挿絵など,主に版本,地図,工芸意匠で活躍。

(佐藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

小田切春江の関連キーワード木村金秋明治時代没年

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android