コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小畑孫三郎 おばた まごさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小畑孫三郎 おばた-まごさぶろう

1837-1866 幕末の武士。
天保(てんぽう)8年生まれ。小畑美稲(うましね)の弟。土佐高知藩士。奥宮慥斎(おくのみや-ぞうさい),若山勿堂(ふつどう)にまなぶ。文久2年監察使となり京都,大坂の政情をさぐった。武市瑞山(たけち-ずいざん)の土佐勤王党にくわわり,3年同志とともに終身禁固となるが,病気で釈放され慶応2年9月21日死去。30歳。名は正路

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小畑孫三郎の関連キーワード小畑 美稲

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android