コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小畑美稲 おばた うましね

3件 の用語解説(小畑美稲の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小畑美稲

高知藩士。通称孫次郎、初名綽裕。美穂の次男。土佐郡一宮の人。奥宮慥斎に学ぶ。武市瑞山と共に勤王につくす。貴族院議員元老院議官・香川県知事・男爵正二位。大正元年(1912)歿、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小畑美稲 おばた-うましね

1829-1912 明治時代の司法官。
文政12年9月25日生まれ。奥宮慥斎(ぞうさい)にまなび,明治2年弾正(だんじょう)大巡察,4年大解部(ときべ)となった。のち京都地方裁判所長,名古屋・宮城控訴裁判所長,香川県知事をつとめた。元老院議官,貴族院議員。大正元年11月12日死去。84歳。土佐(高知県)出身。初名は綽裕。通称は孫次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小畑美稲

没年:大正1.11.12(1912)
生年:文政12.9(1829)
幕末土佐(高知県)の志士,明治期の司法官僚。通称は孫次郎,諱ははじめ綽裕。勤王党の獄で刑死した孫三郎は実弟。奥宮慥斎に陽明学を学び,武市瑞山の土佐勤王党に加盟,文久年間,同志と国事に奔走,文久3(1863)年秋の勤王党の獄で入獄,永牢の刑に処せられる。維新で赦免され明治政府に出仕,明治2(1869)年弾正大巡察,4年司法大解部,7年右大臣岩倉具視襲撃(赤坂食違坂の変)の武市熊吉らを審判した。西南戦争(1877)後の断獄に手腕を発揮し,以降京都裁判所長,名古屋控訴院長を歴任,17年元老院議官,23年貴族院勅選議員。29年男爵。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小畑美稲の関連キーワード司法官憲司法官庁土佐司法官試補乾孚志尾崎忠治清岡公張土屋信民中尾捨吉中山要人

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone