正路(読み)ショウロ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ろ〔シヤウ‐〕【正路】

[名・形動ナリ]
人のふみ行うべき正しい道理。正道。せいろ。
「―を忘れて、あらぬ方におもむくを」〈毎月抄
正直なこと。また、そのさま。
「―ナ人」〈日葡
「所に―なる地頭なくば」〈咄・醒睡笑・八〉

せい‐ろ【正路】

正しい道。正しい方法。正道。「正路につく」
正規の道路。また、公道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうろ【正路】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔中世・近世語〕
人のふみおこなうべき正しい道。正道。 「兵権をあづかる人として-を踏まざらんに/正統記 後嵯峨
正道をはずれないこと。正直なさま。 「 -ナヒト/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐ろ シャウ‥【正路】

〘名〙
① 人のふみ行なうべき正しい道。正道。せいろ。
※秘蔵宝鑰(830頃)中「第四〈略〉五経三史示其正路、金科玉条防其邪逸
※毎月抄(1219)「ただ正路を忘れてあらぬかたにおもむくをつつしむべき事とぞおぼえ侍る」 〔孟子‐離婁・上〕
② (形動) 行為や方法が正直なこと。正しい行為。また、そのさま。正直。実直。
※朝倉孝景条々(1471‐81)一三条「為器用正路輩に申付、年中三ケ度計、為行領分
※浮世草子・世間娘容気(1717)五「ふつつかなる生れつきなれ共、心正路(シャウロ)にして人ににくまれず」

せい‐ろ【正路】

〘名〙
① 正しい道。正しい方法。正道。しょうろ。
※授業編(1783)七「詩は志を言にて是詩を学ぶの正路(セイロ)なり」
② 正規の道路。広い道。本道。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「其内に官築の正路は八百十五『キロメートル』にて」 〔入蜀記‐六〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正路の関連情報