コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正路 ショウロ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ろ〔シヤウ‐〕【正路】

[名・形動ナリ]
人のふみ行うべき正しい道理。正道。せいろ。
「―を忘れて、あらぬ方におもむくを」〈毎月抄
正直なこと。また、そのさま。
「―ナ人」〈日葡
「所に―なる地頭なくば」〈咄・醒睡笑・八〉

せい‐ろ【正路】

正しい道。正しい方法。正道。「正路につく」
正規の道路。また、公道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうろ【正路】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔中世・近世語〕
人のふみおこなうべき正しい道。正道。 「兵権をあづかる人として-を踏まざらんに/正統記 後嵯峨
正道をはずれないこと。正直なさま。 「 -ナヒト/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

正路の関連キーワード中井源左衛門(初代)新興科学の旗の下に安芸三郎左衛門層準規制鉱床接触交代鉱床長谷川英信流長宗我部盛親安立坊周玉小笠原只八9月12日9月20日大高坂芝山大河内正敬大河内正義小畑孫三郎四谷庵月良大多喜藩宿毛貝塚本庄宗敬松平正路

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正路の関連情報