小眼球(読み)しょうがんきゅう(英語表記)microphthalmia

世界大百科事典 第2版「小眼球」の解説

しょうがんきゅう【小眼球 microphthalmia】

眼球の先天異常で眼球が小さい状態。眼球は成人で直径24mm,角膜の直径11mmがふつうであるが,その2/3程度以下を小眼球という。眼球の発生が途中で停止したものと考えられ,虹彩,毛様体および脈絡膜の一部が欠損していることが多く,これをブドウ膜欠損という。原因は遺伝性のものが多く,遺伝形式としては常染色体優性および劣性遺伝が考えられている。また,胎生5~6週の時期でのウイルス胎内感染などによっても小眼球になることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android