コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小眼球 しょうがんきゅうmicrophthalmia

世界大百科事典 第2版の解説

しょうがんきゅう【小眼球 microphthalmia】

眼球の先天異常で眼球が小さい状態。眼球は成人で直径24mm,角膜の直径11mmがふつうであるが,その2/3程度以下を小眼球という。眼球の発生が途中で停止したものと考えられ,虹彩毛様体および脈絡膜の一部が欠損していることが多く,これをブドウ膜欠損という。原因は遺伝性のものが多く,遺伝形式としては常染色体優性および劣性遺伝が考えられている。また,胎生5~6週の時期でのウイルスの胎内感染などによっても小眼球になることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

小眼球の関連キーワード13番トリソミー症候群胎児性アルコール症候群ぶどう膜欠損(症)先天性水痘症候群FASの診断基準先天性風疹症候群先天性眼瞼下垂13トリソミー先天白内障突然変異白色瞳孔ダップル遺伝病

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android