コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原大蝙蝠 オガサワラオオコウモリ

大辞林 第三版の解説

おがさわらおおこうもり【小笠原大蝙蝠】

小笠原諸島から硫黄列島にかけて分布する、日本固有のオオコウモリ。頭胴長20~25センチメートル。昼は樹上で休み、夕方から果実を求めて飛行する。バナナを食害したことなどから乱獲され、絶滅の危機に瀕している。天然記念物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小笠原大蝙蝠 (オガサワラオオコウモリ)

学名:Pteropus pselaphon
動物。オオコウモリ科の動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

小笠原大蝙蝠の関連キーワード硫黄列島樹上

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android