コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫黄列島 いおうれっとう

7件 の用語解説(硫黄列島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫黄列島
いおうれっとう

東京都小笠原諸島南南西に位置する,七島マリアナ海嶺上の火山列島。別称火山列島。小笠原支庁小笠原村に属する。北から北硫黄島硫黄島南硫黄島の 3島からなり,南北にほぼ等距離に配列。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いおう‐れっとう〔いわうレツタウ〕【硫黄列島】

小笠原諸島の南西にある列島。北硫黄島中硫黄島硫黄島)・南硫黄島からなる。東京都に属し、硫黄サトウキビを産出。火山列島。
[補説]北硫黄島と南硫黄島は、平成23年(2011)「小笠原諸島」の名で世界遺産自然遺産)に登録された。硫黄島は自衛隊基地があるため登録対象外となっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

硫黄列島【いおうれっとう】

小笠原諸島の南南西150〜280kmにあり,火山列島ともいう。北硫黄島(約5.57km2),硫黄島南硫黄島(約3.54km2)からなり,1779年クックが発見,1891年以後東京・小笠原支庁に属したが,第2次大戦後は米軍施政下となり,住民は日本本土に引き揚げた。
→関連項目小笠原国立公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いおうれっとう【硫黄列島】

小笠原諸島に属する列島で,火山列島とも呼ばれる。ほぼ70kmの等間隔をなして南北に並ぶ北硫黄島,硫黄島,南硫黄島からなり,東京都小笠原支庁小笠原村に含まれる。父島,母島などの小笠原群島が第三紀の海底火山が後に隆起した海底山脈であるのに対し,この列島は第四紀後半から活動を始めた新しい火山島からなる。北硫黄島(面積5.4km2,最高点804m)と南硫黄島(3.7km2,918m)は円錐形成層火山の頂部をなし,北硫黄島には火口とみられる凹陥地があるが,両島とも有史以来の噴火活動はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いおうれっとう【硫黄列島】

小笠原諸島の南端に連なる列島。北硫黄島、硫黄島、南硫黄島から成る。火山列島。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕硫黄列島(いおうれっとう)


火山列島(かざんれっとう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫黄列島
いおうれっとう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硫黄列島の関連キーワードアリューシャン列島沖ノ鳥島小スンダ列島豆南諸島父島列島母島列島聟島列島火山列島小笠原群島七島-硫黄島海嶺

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone