コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原忠真 おがさわら ただざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原忠真 おがさわら-ただざね

1596-1667 江戸時代前期の大名。
文禄(ぶんろく)5年2月28日生まれ。小笠原秀政の次男。母は徳川信康の娘。大坂夏の陣で父と兄忠脩(ただなか)が戦死したため,信濃(しなの)(長野県)松本藩8万石をつぐ。元和(げんな)3年播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)に移封。寛永9年豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩主小笠原家初代となる。15万石。島原の乱出兵,のち長崎警備の任にあたった。寛文7年10月18日死去。72歳。初名は忠政。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小笠原忠真

没年:寛文7.10.18(1667.12.3)
生年:慶長1.2.28(1596.3.26)
江戸前期の大名,豊前国小倉藩(福岡県北九州市)藩主。幼名春松丸,初名忠政。大学頭,右近将監,侍従。従四位下。小笠原秀政の次男。母は松平信康の娘。下総国(茨城県)古河生まれ。元和1(1615)年大坂夏の陣で父と兄を失い,遺領信濃国松本8万石を継ぐ。同3年播磨国明石10万石,寛永9(1632)年豊前国小倉15万石と加増移封,寛文2(1662)年には長崎警備の指揮を命じられ,幕府九州支配の要となる。同5年隠元の高弟即非如一を開祖に福聚寺を建立,菩提寺とした。黄檗宗への帰依は,明(中国)文化を吸収しようとした文人趣味を示すものだろう。<参考文献>『北九州市史』

(福田千鶴)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おがさわらただざね【小笠原忠真】

1596‐1667(慶長1‐寛文7)
江戸前期の大名。幼名春松丸,初名忠政。秀政の次男。母は徳川家康の長子信康の女。1615年(元和1)大坂の陣に父秀政,兄忠脩とともに徳川秀忠に従軍し,父と兄を失ったが,功により父の遺領信濃松本城8万石を継いだ。幕府の信任厚く,西国の押えとして17年播磨国明石10万石,32年(寛永9)豊前国小倉15万石に加封された。島原の乱にも戦功あり,のち長崎警固の任などを務めた。【杣田 善雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

小笠原忠真 (おがさわらただざね)

生年月日:1596年2月28日
江戸時代前期の大名
1667年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の小笠原忠真の言及

【明石藩】より

…当時の城地は明石川河口右岸の船上(ふなげ)城であった。1617年(元和3)小笠原忠真10万石が入封。翌年幕命を受け,夫人の父姫路藩本多忠政が縄張りして赤松山に平山城を築き,10町から成る城下町も建設された。…

【小倉藩】より

…22年(元和8)作成の〈小倉藩人畜改帳〉は江戸初期の農村の状況を今に伝えるものとして貴重である。32年(寛永9)加藤氏の改易により忠利が肥後国熊本に移ったのち,小笠原忠真が播磨国明石より入り,豊前国6郡15万石を支配することになった。小笠原氏小倉藩は同時に成立した豊前中津,竜王,豊後杵築の3藩とともに,外様大藩の蟠踞(ばんきよ)する九州にその監視役として送り込まれた譜代藩である。…

※「小笠原忠真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小笠原忠真の関連キーワード小笠原忠雄小池甚之丞高田又兵衛福岡(県)博多藤四郎小笠原真方細川綱利明石城跡宮本武蔵生年月日明石藩西一鴎船上城明石城文禄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小笠原忠真の関連情報