コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原長生 おがさわら ながなり

美術人名辞典の解説

小笠原長生

子爵・海軍中将。東京生。鳳凰・鉄桜・金波楼主人と号する。海軍大学校教官・海軍軍令部参謀・宮内省御用掛等を歴任。日清・日露両戦役に従事した。また文筆に長じ、『東郷元帥詳伝』『東郷元帥金言集』『海戦日録』等多くの著がある。昭和33年(1958)歿、90才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原長生 おがさわら-ながなり

1867-1958 明治-昭和時代前期の軍人。
慶応3年11月20日生まれ。小笠原長行(ながみち)の長男。海軍にはいり,日露戦争では軍令部参謀をつとめる。大正3年東宮御学問所幹事。7年中将にすすむ。のち宮中顧問官。「東郷元帥詳伝」「撃滅」「海戦日録」などをあらわした。昭和33年9月20日死去。90歳。江戸出身。海軍大学校卒。筆名は金波楼主人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小笠原長生の関連情報