コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小糸 こいと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小糸
こいと

千葉県南西部,君津市の地区。旧町名。 1970年君津市に合併。東京湾に注ぐ小糸川中流域を占め,川沿いの低地は水田地帯。近世深井戸を掘る技術として知られた上総掘り (→鑿井機械 ) の発祥地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こいと【小糸】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小糸の言及

【江戸育御祭佐七】より

…通称《お祭佐七》。お祭佐七を5世尾上菊五郎,小糸を尾上栄三郎(後の6世梅幸)で好演して以来15世市村羽左衛門ら音羽屋系の家の芸として現在に継承される。加賀家の侍倉田伴平は芸者小糸に言いよるが拒絶され,小糸はかねて言いかわす鳶のお祭佐七に救われて佐七の住居に落ちつく。…

※「小糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小糸の関連情報