君津市(読み)きみつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

君津〔市〕
きみつ

千葉県南西部,小糸川の流域および小櫃 (おびつ) 川の中・上流域を占め,東京湾に面する市。 1970年君津,小糸,上総の3町と清和 (せいわ) ,小櫃の2村が合体し,71年市制。ノリや貝の養殖,米作を主とする半農半漁の集落であったが,1965年小糸川河口の右岸を埋立て,京葉工業地域の南部拠点として銑鋼一貫工場が進出して以来,工業都市に変貌。住宅開発も進んでいる。内陸部は水田耕作中心から園芸農業化が進行。市内には鹿野山,亀山温泉,寂光不動,鹿野山神野寺,野生のサル生息地 (天然記念物) などの名所,観光地がある。鹿野山を中心とする一帯は南房総国定公園に,南西部の高宕山を中心とする山岳地帯は高宕山県立自然公園に,南東部の清澄山北麓は養老渓谷奥清澄県立自然公園に属している。鹿野山神野寺表門は重要文化財。ノリ養殖の近江屋甚兵衛の墓,九十九坊廃寺跡は県史跡。 JR内房線および国道 16号線,127号線が通る。面積 318.81km2。人口 8万6033(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

君津市の関連情報