コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小線源 しょうせんげん radioactive small source

2件 の用語解説(小線源の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小線源
しょうせんげん
radioactive small source

比較的少量の放射性同位元素を線源にしたもの。白金などで密封した密封小線源と,密封してない非密封小線源とに分けられる。前者には 226Ra ,137Cs ,60Co ,の針や管,放射性金粒子 198Au などがあり,癌の組織内照射腔内照射に用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐せんげん〔セウ‐〕【小線源】

微量の放射性同位元素線源とするもの。癌(がん)の治療に用いられる。特に、密封小線源のこと。→小線源治療

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小線源の関連キーワード放射性同位元素放射性同位体ラジオアイソトープウラン鉛法シンチスキャナー天然放射性同位体放射性同位核放射性医薬品放射性同位元素を使った検査放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小線源の関連情報