コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小線源(読み)しょうせんげん(英語表記)radioactive small source

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小線源
しょうせんげん
radioactive small source

比較的少量の放射性同位元素を線源にしたもの。白金などで密封した密封小線源と,密封してない非密封小線源とに分けられる。前者には 226Ra ,137Cs ,60Co ,の針や管,放射性金粒子 198Au などがあり,癌の組織内照射や腔内照射に用いられる。これらは放射線管理区域内の専用病棟での使用が要求されている。後者には,198Au コロイド,131I カプセル,99mTcO4- 溶液などがあり,核医学検査に用いられるものが多い。密封されていないために体内からの排泄物にも含まれるので,汚染に注意しなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android