小締・小緊(読み)こじまり

精選版 日本国語大辞典「小締・小緊」の解説

こ‐じまり【小締・小緊】

〘名〙
体つきなどが、たるまないできりっとしまっていること。
唐人お吉(1928)〈十一谷義三郎〉六「真白な髪と鬚髯(ひげ)。薄曇りのした茶色。子供っぽい口許。中脊の小緊りにしまったお爺さん」
② 取引で、低落傾向の相場が少しではあるが活気を取りもどして上がること。〔新時代用語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android