コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小脳血管芽腫 しょうのうけっかんがしゅhemangioblastoma of the cerebellum; Lindau's disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小脳血管芽腫
しょうのうけっかんがしゅ
hemangioblastoma of the cerebellum; Lindau's disease

小脳腫瘍の一種。約 80%は小脳半球に生じ,小脳虫部,第四脳室壁,まれにテント上にも発生する。約 10%は多発性で,ときに家族性に発生する。赤血球増加症や腹部臓器の腫瘍を合併する場合もある。血管芽腫は比較的経過の緩慢な良性腫瘍で,男性に多い。全摘出すれば根治可能であるが,部分摘出とか減圧術を行なったものには放射線療法を併用する。眼底血管腫や腹部臓器の嚢胞を合併するものは,ヒッペル=リンドー病として知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android