コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小腸損傷 しょうちょうそんしょうInjury of Small Intestine

家庭医学館の解説

しょうちょうそんしょう【小腸損傷 Injury of Small Intestine】

[検査と診断]
 腹膜刺激症状(押すと強くなる腹痛、緊張してかたい腹壁など)がみられます。
 超音波検査による腹腔(ふくくう)の液体貯留、診断的腹腔洗浄(コラム「診断的腹腔洗浄とは」)による出血の証明、CTによるむくみ・出血、X線撮影によるフリー・エア(破れた小腸からもれた空気)の存在で診断がつきます。
[治療]
 開腹して、損傷を受けた小腸を整復します。
 複数の箇所が破裂することもあり、この場合は、小腸が短くならないように、つなぎ(吻合(ふんごう))のしかたを工夫します。
 腸間膜(ちょうかんまく)から出血していて、小腸が虚血状態になって壊死(えし)をおこす、手術をした部分が盛り上がり(瘢痕(はんこん))、小腸の内腔が細くなるなどの変化が後からおこることがあるので、手術後しばらくは経過観察が必要です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

小腸損傷の関連キーワード大腸損傷(結腸損傷)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android