コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小腸損傷 しょうちょうそんしょう Injury of Small Intestine

1件 の用語解説(小腸損傷の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しょうちょうそんしょう【小腸損傷 Injury of Small Intestine】

[検査と診断]
 腹膜刺激症状(押すと強くなる腹痛、緊張してかたい腹壁など)がみられます。
 超音波検査による腹腔(ふくくう)の液体貯留、診断的腹腔洗浄コラム診断的腹腔洗浄とは」)による出血の証明、CTによるむくみ・出血、X線撮影によるフリー・エア(破れた小腸からもれた空気)の存在で診断がつきます。
[治療]
 開腹して、損傷を受けた小腸を整復します。
 複数の箇所が破裂することもあり、この場合は、小腸が短くならないように、つなぎ(吻合(ふんごう))のしかたを工夫します。
 腸間膜(ちょうかんまく)から出血していて、小腸が虚血状態になって壊死(えし)をおこす、手術をした部分が盛り上がり(瘢痕(はんこん))、小腸の内腔が細くなるなどの変化が後からおこることがあるので、手術後しばらくは経過観察が必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

小腸損傷の関連キーワード頭痛腹膜炎臨床検査画像診断新弟子検査劇症CMTテスト食肉検査適応検査ルーチン検査 (routine test)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone