コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小酌 ショウシャク

デジタル大辞泉の解説

しょう‐しゃく〔セウ‐〕【小酌】

[名](スル)
小人数の宴会。小宴。
「花の大紳士と三つ鼎(がなえ)になって―を催していた」〈魯庵・破垣〉
少し酒を飲むこと。軽く一杯やること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうしゃく【小酌】

( 名 ) スル
小人数で酒を酌み交わすこと。また、ちょっと一杯やること。 「一亭の楼上に-して別る/十和田湖 桂月

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

小酌の関連キーワード三つ鼎小人数小宴下物小飲

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android