小人数(読み)こにんずう

精選版 日本国語大辞典「小人数」の解説

こ‐にんずう【小人数】

〘名〙 (「すう」は「数」の慣用音) 人数がすくないこと。少しの人数。こにんず。こにんじゅ。
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉一「小人数(コニンズウ)の御家内なら、二つか三つの常夜燈をおつけになった方が徳用です」

こ‐にんず【小人数】

〘名〙 (「す」は「数」の漢音) =こにんずう(小人数)
※経済小学家政要旨(仮名付)(1877)〈永峰秀樹訳〉四「小人数(コニンズ)の家にては一度の食糧にも当つべき食糧を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android