コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小里頼章 おり よりあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小里頼章 おり-よりあき

1707-1776 江戸時代中期の測量家,兵法家。
宝永4年生まれ。信濃(しなの)(長野県)松本藩士。藩主戸田氏の転封(てんぽう)にしたがい享保(きょうほう)11年美濃(みの)(岐阜県)加納から松本にうつる。河原貞頼に測量術をまなび,天文暦法にあかるく,兵学にも通じ,藩の兵制確立に寄与した。安永5年死去。70歳。通称は源治。号は義山。著作に「量地真術」「縮地撮要」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小里頼章の関連キーワード富士山ツンベルクアメリカ史チュルゴー蕪村アウラングゼーブアウラングゼーブドシテオス長崎派ファーカー

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android