コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原貞頼 かわはら さだより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原貞頼 かわはら-さだより

1665-1743 江戸時代前期-中期の測量家。
寛文5年生まれ。清水貞徳(さだのり)にまなぶ。はじめ美濃(みの)(岐阜県)加納藩士。のち藩主の転封にともない,信濃(しなの)(長野県)松本にうつる。元禄(げんろく)年間幕府が国絵図(国ごとの地図)を製作したとき,美濃の国絵図をつくり評判になった。寛保(かんぽう)3年3月22日死去。79歳。通称は吉兵衛。号は滴水堂,鳳鸞子。著作に「国図要録」「規矩(きく)神術極秘」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河原貞頼の関連キーワード小里頼章

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android