コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原貞頼 かわはら さだより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原貞頼 かわはら-さだより

1665-1743 江戸時代前期-中期の測量家。
寛文5年生まれ。清水貞徳(さだのり)にまなぶ。はじめ美濃(みの)(岐阜県)加納藩士。のち藩主の転封にともない,信濃(しなの)(長野県)松本にうつる。元禄(げんろく)年間幕府が国絵図(国ごとの地図)を製作したとき,美濃の国絵図をつくり評判になった。寛保(かんぽう)3年3月22日死去。79歳。通称は吉兵衛。号は滴水堂,鳳鸞子。著作に「国図要録」「規矩(きく)神術極秘」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河原貞頼の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)光の科学史タロンニュートン解析学山鹿素行ブリストル(伯・侯家)ツンベリーノイマン(Johann Balthasar Neumann)ルソー(Jean-Jacques Rousseau)