コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野川温泉 おのがわおんせん

3件 の用語解説(小野川温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野川温泉
おのがわおんせん

山形県南部,米沢市の大樽川の清流に沿った山間の温泉。泉質は弱食塩泉。泉温は 66~80℃。小野小町伝説のある温泉で,小野小町碑,薬師堂などがある。小野川スキー場に近い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕小野川温泉(おのがわおんせん)


山形県米沢(よねざわ)市の南西部、大樽(おおたる)川沿いにわく行楽向きの温泉。小野小町(おののこまち)の開湯伝説が残る。近くの御成(おなり)山に小野川スキー場がある。含硫黄-ナトリウムカルシウム-塩化物泉。泉温74.3℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野川温泉
おのがわおんせん

山形県南部、米沢(よねざわ)市にある温泉。大樽(おおたる)川河畔に閑静な温泉街を形成する。834年(承和1)に小野小町によって発見され、地名もそれに由来するといわれる。泉質は塩化物泉。ラジウム含有量が高い。効能は神経痛。江戸後期の米沢藩主上杉鷹山(ようざん)はこの温泉から採塩している。小野川スキー場や老人福祉センターがある。JR米沢駅からバスが通じる。[中川 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野川温泉の関連キーワード米沢織米沢米沢紬山形県立米沢栄養大学大沼 米沢店米沢新聞米沢スキー場米沢織物歴史資料館山形県米沢市花沢山形県米沢市簗沢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小野川温泉の関連情報