小野木シメオン(読み)おのぎ・しめおん

朝日日本歴史人物事典「小野木シメオン」の解説

小野木シメオン

没年:慶長5.10?(1600)
生年:生年不詳
安土桃山時代キリシタンの女性。豊臣秀吉家臣で丹波福知山城(京都府福知山市)城主小野木重次の妻。父は石田三成家臣として有名な島左近清興。キリスト教入信。夫重次が関ケ原の戦で敗れ,亀山に自殺したとのに,福知山城内で自殺した。

(今谷明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「小野木シメオン」の解説

小野木シメオン おのぎ-シメオン

?-1600 織豊時代の女性。
石田三成の家臣島清興の娘でキリシタン。丹波福知山城(京都府)城主小野木重次の妻となる。慶長5年関ケ原の戦いにやぶれた重次が丹波亀山で自刃(じじん)したときき,あとを追って自害した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android