コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野毛野 おのの けぬ

2件 の用語解説(小野毛野の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野毛野 おのの-けぬ

?-714 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
小野妹子(いもこ)の孫。小野毛人(えみし)の子。持統天皇9年遣新羅(しらぎ)使となり渡航した。文武天皇4年筑紫大弐となる。大宝(たいほう)2年より朝政にくわわり,和銅元年中納言となった。和銅7年4月死去時は従三位,中納言兼中務卿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小野毛野

没年:和銅7.4(714)
生年:生年不詳
7世紀末の官人。小野妹子の孫,毛人の子。持統9(695)年,伊吉博徳と共に遣新羅使となった。文武4(700)年,大宰大弐となり外交関係で活躍。慶雲2(705)年には中務 卿,和銅1(708)年中納言となった。この年,元明天皇から穂積親王以下の重臣と共に,子々孫々栄誉ある地位を保って天皇に任えるようにとの勅を受けたことをみると,元明天皇の時代には重んじられていたことが知られる。元明天皇の下で遷都が行われた平城京は小野氏の本貫地に近く,遷都計画にも毛野は深くかかわっていたのかもしれない。

(鬼頭清明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野毛野の関連キーワード太子日没する処吾妹子に吾妹子を小野石根小野毛人吉士雄成鞍作福利蘇因高中臣宮地烏摩侶

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone