コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝政 アサマツリゴト

デジタル大辞泉の解説

あさ‐まつりごと【朝政】

天皇が朝早く正殿に出て政務を執ること。
朝廷政務

ちょう‐せい〔テウ‐〕【朝政】

朝廷で天子が行う政治

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせい【朝政】

古代の朝廷における政務の一形態。〈あさのまつり〉ともよむ。毎日早朝に,天皇大極殿において,大臣以下が列座して評議する政務を聴くもの。承和年間(834‐848)に大極殿から紫宸殿に場所が移ったが,毎日天皇は紫宸殿で政事(まつりごと)をみたと伝えられている。しかし仁寿年間(851‐854)以降この儀は中絶し,871年(貞観13)に復活されたが,また途絶し,やがて毎月1日,11日,16日,21日の旬政(しゆんせい)に移行し,さらにそれが4月と10月の二孟の旬となって儀礼化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうせい【朝政】

朝廷の行う政治。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の朝政の言及

【朝政】より

…なお天皇の出席しないとき,大臣が代わって行うのを朝堂政といったが,これもすぐ儀礼化した。朝政の起源は定かでないが,早朝まだ日の昇らない前に,天皇が祭祀を中心とする政事を行ったことに由来するとの説がある。なお朝政を朝廷の政治の意味で用いることもある。…

※「朝政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朝政の関連キーワード巨勢奈弖麻呂【ちょ】遂良西四辻公業土御門通親大中臣諸魚岩倉 具定布都姫夫人下河辺政義藤原房前高向麻呂小山長政九条道家小山朝村小山政光平賀朝雅佐野基綱愛宕通致薬師寺氏足利忠綱淳仁天皇

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝政の関連情報