朝政(読み)アサマツリゴト

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせい【朝政】

古代の朝廷における政務の一形態。〈あさのまつり〉ともよむ。毎日早朝に,天皇大極殿において,大臣以下が列座して評議する政務を聴くもの。承和年間(834‐848)に大極殿から紫宸殿に場所が移ったが,毎日天皇は紫宸殿で政事(まつりごと)をみたと伝えられている。しかし仁寿年間(851‐854)以降この儀は中絶し,871年(貞観13)に復活されたが,また途絶し,やがて毎月1日,11日,16日,21日の旬政(しゆんせい)に移行し,さらにそれが4月と10月の二孟の旬となって儀礼化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の朝政の言及

【朝政】より

…なお天皇の出席しないとき,大臣が代わって行うのを朝堂政といったが,これもすぐ儀礼化した。朝政の起源は定かでないが,早朝まだ日の昇らない前に,天皇が祭祀を中心とする政事を行ったことに由来するとの説がある。なお朝政を朝廷の政治の意味で用いることもある。…

※「朝政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝政の関連情報