コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小長谷女王 おはせのじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小長谷女王 おはせのじょおう

?-767 奈良時代,忍壁(おさかべ)親王の王女。
膳司(かしわでのつかさ)(後宮の食事をつかさどるところ)で尚膳(かしわでのかみ)をつとめる。天平宝字(てんぴょうほうじ)5年光明皇太后の周忌斎会に奉仕し従三位にすすんだ。天平神護3年1月8日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小長谷女王の関連キーワードコンスタンチヌス2世ボーイング787ドリームライナー早期警戒管制機神護景雲復氏パウルス1世フィリップスステファヌス3世(4世)アメリカ同時多発テロ空中早期警戒管制機

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone