小長谷女王(読み)おはせのじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小長谷女王 おはせのじょおう

?-767 奈良時代,忍壁(おさかべ)親王の王女。
膳司(かしわでのつかさ)(後宮の食事をつかさどるところ)で尚膳(かしわでのかみ)をつとめる。天平宝字(てんぴょうほうじ)5年光明皇太后の周忌斎会に奉仕し従三位にすすんだ。天平神護3年1月8日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android