小隠は林藪に隠れ大隠は朝市にまじわる(読み)しょういんはりんそうにかくれたいいんはちょうしにまじわる

精選版 日本国語大辞典の解説

しょういん【小隠】 は=林藪(りんそう)[=岩藪(がんそう)]に隠(かく)れ大隠(たいいん)は朝市(ちょうし)に=まじわる[=隠(かく)る]

未熟で十分に悟り得ない隠者は境遇に煩わされることを恐れて山林にのがれ隠れ、大悟徹底した隠者は山林に隠れないで、かえって市中などにかくれ住んでいる。〔文明本節用集(室町中)〕
※仮名草子・可笑記(1642)三「小隠(セウイン)はりんそうにかくれ、大隠(タイイン)は朝市(テウシ)にまじはるといふ古き言葉あり」 〔王康琚‐反招隠詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる