コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少人数学級編制 しょうにんずうがっきゅうへんせい

知恵蔵の解説

少人数学級編制

学級編制の標準は、公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律(標準法)により、40人(複式学級、特殊学級を除く)とされてきたが、2001年3月に標準法の一部改正で、都道府県教育委員会は特例的に40人未満の学級を設けることができるようになった。03年4月には文部科学省が40人を下回ることを認める通知を出し、公立学校については一律に少人数学級を実施することが可能になった。少人数化に伴う費用は都道府県の負担となる。

(新井郁男 上越教育大学名誉教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

少人数学級編制の関連キーワード学級編制

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android