コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少子化対策減税 しょうしかたいさくげんぜい tax reduction countermeasure for falling birthrate

1件 の用語解説(少子化対策減税の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

少子化対策減税

少子化対策として、世帯の児童数に応じて所得税の減税を行うこと。国の出生率が1.25にまで落ち込んだことを受け、政府・与党の少子化対策会議および自民党税調政府税調で世帯の児童数に応じて所得税の減税を行うことが検討されている。こうした少子化対策減税では、現行の所得税が所得額から扶養児童1人当たりの定額を控除する所得控除方式を採用しているのに対し、税額から一定額を直接減額する税額控除方式に改めることが提案されている。所得控除方式では控除額を引き上げても、高所得者に有利となる一方で、出産を迷っている中産階級への動機付けに乏しいためである。しかし、税額控除方式に改めても非課税世帯や税額控除が税額を上回る場合は、効果が期待できないという問題点は生じる。

(神野直彦 東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

少子化対策減税の関連キーワード児童手当世帯の少子化・高齢化N分N乗方式軸足児童福祉司事業所内保育施設学童保育と待機児童県内の少子化保育料放課後子どもプラン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone