コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少弐満貞 しょうに みつさだ

1件 の用語解説(少弐満貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

少弐満貞 しょうに-みつさだ

1394-1433 室町時代の武将。
応永元年生まれ。少弐貞頼(さだより)の子。筑前(ちくぜん)守護。応永26年九州探題渋川義俊(よしとし)らと朝鮮による対馬(つしま)侵入をしりぞける(応永の外寇(がいこう))。30年義俊を博多(はかた)から追う。永享3年大友持直らと大内盛見(もりみ)を討つが,5年大内持世(もちよ)らに攻められ同年8月19日自刃(じじん)。40歳。法名は千里本勝。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の少弐満貞の言及

【九州探題】より

…了俊解任により,渋川満頼が九州探題に任命され,以後,代々渋川氏(満頼,義俊,満直,教直,万寿丸など)が当職につき,一族・被官などを使って日鮮交渉に努めたりする。しかし早くも義俊のとき,1423年(応永30)少弐満貞に敗れてから,探題勢力は急速に衰え,その拠点筑前を失い,東肥前の一局地勢力にすぎなくなり,その存在意義を失ってしまう。室町幕府【山口 隼正】。…

【筑前国】より

…また渋川氏一族や被官は1419年の応永の外寇を契機として,頻繁に朝鮮通交を行い,博多商人を基盤として貿易を行った。しかし通交の活発化も一時的なものに終わり,23年には渋川義俊が少弐満貞に敗れ,肥前国に退去せざるをえなかった。没落した九州探題渋川氏にかわって進出してきたのが隣国豊前の守護でもあった周防の大内氏である。…

※「少弐満貞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

少弐満貞の関連キーワード貞光顕国(3代)足利義永意雲大内持盛兼家河野通之(1)高築次郎左衛門富樫持春友重(3代)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone