コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少弐貞頼 しょうに さだより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

少弐貞頼 しょうに-さだより

1372-1404 南北朝-室町時代の武将。
応安5=文中元年生まれ。少弐頼尚(よりひさ)の孫。筑前(ちくぜん)守護,大宰(だざい)少弐。南朝方にくみし,菊池武朝(たけとも)とともに九州探題渋川満頼に反抗,大内義弘,大友親世(ちかよ)らと抗争をくりかえした。応永11年6月20日死去。33歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

少弐貞頼

没年:応永11.6.20(1404.7.27)
生年:応安5/文中1(1372)
南北朝末・室町時代初期の武将。大宰少弐。頼澄の子。嘉慶1/元中4(1387)年以降,筑前(福岡県)守護としての活動がみえる。九州探題渋川満頼と対立し,応永4(1397)年菊池武朝と共に挙兵。大内義弘が幕府に背いた同6年の応永の乱で,筑前守護職を回復したらしい。同11年に千葉氏の内紛が起こり,その処理を巡って再び渋川氏と対立。結局渋川方に敗れ,敗走した。<参考文献>本多美穂「室町時代における少弐氏の動向」(『九州史学』91号)

(佐伯弘次)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

少弐貞頼の関連キーワード少弐満貞

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android