尚武(読み)ショウブ

大辞林 第三版の解説

しょうぶ【尚武】

武道・軍事などを大切なものと考えること。 「 -の精神」 「 -の気風」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐ぶ シャウ‥【尚武】

〘名〙 武道、軍事を重んずること。また、軍備をさかんにすること。
※公議所日誌‐一七・明治二年(1869)五月「両刀を帯るは皇国武の性」
※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉勤倹尚武「尚は国際的奢侈である。現に列強は軍備の為に大金を費してゐるではないか」 〔杜甫‐寄張十二山人彪詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尚武の関連情報