コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尚歯 ショウシ

2件 の用語解説(尚歯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐し〔シヤウ‐〕【尚歯】

《「礼記」祭義から。「歯」は年齢の意》老人を尊敬すること。敬老。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の尚歯の言及

【尚歯会】より

…1833年(天保4)以来,数年にわたる天保の飢饉の際,紀州藩儒遠藤勝助が有志を募って飢饉対策のために設けたのがはじめで,のちに新知識や新情報交換の会合となった。この会合をもって渡辺崋山,高野長英を中心とする洋学研究団体とみなす説があるが,崋山,長英が尚歯会の有力メンバーであったにしろ,会合の主宰者が遠藤そのひとであることは,当時の文献に〈遠藤勝助尚歯会〉と明記されていることから知られる。尚歯会での飢饉対策の成果としては,遠藤勝助の《救荒便覧》,高野長英の《救荒二物考》《避疫要法》などがあげられる。…

※「尚歯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尚歯の関連情報