コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尭恵 ぎょうえ

2件 の用語解説(尭恵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尭恵 ぎょうえ

1430-? 室町時代の僧,歌人。
永享2年生まれ。天台宗の学僧。法印。二条派の歌人尭孝(ぎょうこう)について種々の口伝をうけ,「古今抄延五記」など歌書の注釈を執筆。公家,武士,僧にわたるひろい交遊でも知られる。号は藤の坊。著作に「吾妻道記」「東国紀行」,家集に「下葉和歌集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

尭恵

没年:明応7以降(1498)
生年:永享2(1430)
室町時代の歌人。藤の坊と号す。尭孝の高弟。天台僧で,加賀白山や青蓮院と関係が深く,東山道,北陸道の諸国を廻り『善光寺紀行』『北国紀行』を著している。明応1(1492)年には越後に在って代表作『古今抄延五記』を著述。晩年は京都に住し,二条派常光院流の後継者として重んぜられた。鳥居小路経厚,猪苗代兼載はその弟子。一条兼良,冷泉政為,白川忠富,細川成之,栄雅(飛鳥井雅親)ら多くの歌人と親しく,明応3年には昇殿を許されて勝仁親王,次いで後土御門天皇に『古今集』『愚問賢注』などの歌書を講じている。声点を重視する学風で二条派の正統を誇ったが,その門流は徐々に衰え,宗祇流に圧倒された。家集に『下葉和歌集』がある。

(田仲洋己)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尭恵の関連キーワード意雲円雅尭憲尭尋尭誉桂久正敬城仁東氏数徳大寺実淳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone