(読み)うたい

デジタル大辞泉の解説

うたい〔うたひ〕【謡】

動詞「うた(歌)う」の連用形から》詞章。また、これに節をつけて謡うこと。観世宝生金春(こんぱる)金剛喜多などの流儀がある。謡曲

よう【謡〔謠〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ヨウ(エウ)(呉)(漢) [訓]うたい うたう うた
〈ヨウ〉
節をつけてうたう。また、流行歌。うた。「歌謡俗謡童謡民謡俚謡(りよう)
能楽のうたい。「謡曲
根も葉もないうわさ。デマ。「謡言
〈うたい〉「謡物地謡素謡(すうたい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うたい【謡】

能楽,すなわち能と狂言声楽部分の称。ただし,ふつうには能の声楽のみを指す。同類の語に謡曲があり,これが能の詞章を,主として読む対象として文学的に扱う場合の称呼であるのに対し,謡は,広義には狂言をも含めて,演唱や鑑賞の対象として音楽的あるいは芸能的に扱うときに用いられる。なお,能ではコトバ(詞)の部分をも含めて謡というのに対し,狂言では節付けされた部分に限定して用いる。能の謡は,せりふと地の文章のほか,作者の批評文や感想文などからなっているが,せりふを地謡が謡ったり,ト書きを立方が謡ったりするなど,独特の演出形式がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うたい【謡】

〔動詞「うたう」の連用形から〕
能楽の詞章、およびそれに曲節をつけたもの。また、それを謡うこと。 → 謡曲

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うたい うたひ【謡】

〘名〙 (動詞「うたう(歌)」の連用形の名詞化)
① うたうこと。また、うたいもの。
※宇治拾遺(1221頃)六「例のごとく玉女共、うたひをうたひて来て」
能楽の詞章。または、これに節をつけてうたうこと。演能の時だけではなく、これだけでもうたうことがある。囃子(はやし)がつかないで、単独でうたうのを素謡(すうたい)、一曲全部をうたうのを番謡(ばんうたい)、一節(いっせつ)のみをうたうのを小謡(こうたい)という。謡曲。
申楽談儀(1430)序「うたひの根本(こんぼん)を申さば翁(おきな)の神楽歌(かぐらうた)を申すべきか」
※浮世草子・世間娘容気(1717)六「謡(ウタヒ)を門々にて唄ひ」
③ うたいものなどのうたい手。
※申楽談儀(1430)音曲の心根「けんの弟子にて、早歌(さうが)うたひにて有りしが」
[語誌](1)②の構成は節の部分と詞の部分とからなり、音楽としてはヨワ吟(ぎん)とツヨ吟との二通りのうたい方に分けられる。
(2)作者は多く観阿彌、世阿彌、金春禅竹(こんぱるぜんちく)などで、その文章は古典の美文をつづり合わせたものが多い。
(3)流儀には観世(かんぜ)、宝生(ほうしょう)、金剛(こんごう)、金春(こんぱる)、喜多(きた)などがある。三〇〇〇番ほど作られたが、現行曲は約二三〇あまり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【能】より

… こうしたくふうの積み重ねにもとづく様式の部分的変動は,後にも長く続く。たとえば,現在の(うたい)にあるヨワ(弱)吟,ツヨ(強)吟という二つの吟型(ぎんがた)が分化したのは江戸時代17世紀末のことだが,その音階はその後も変化を続け,現在の音階に固定したのは江戸最末期から明治時代にかけてである。また詩型とリズムの関係を規制する地拍子も,現在の形式となったのは明治時代以降である。…

【ユリ】より

…各種のユリに細分し,それぞれ固有の名称を与えるのがもっとも目立つのもこの分野といえよう。平曲や(うたい)でも各種のユリが区別されるが,とくに謡の場合は,実際の旋律と名称との対応関係が,流派によって異なることがあるので注意が必要である。狂言謡には,小歌という謡を特徴づける特別なユリがある。…

※「謡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

謡の関連情報