尻付(読み)しづけ

精選版 日本国語大辞典「尻付」の解説

し‐づけ【尻付】

〘名〙
人名その他の語辞を列記したものの、その語辞の後に細字で書かれた注。
※小右記‐永観二年(984)一一月二六日「還御之後、依仰注尻付於毛付文下、賜左右馬寮、左右各五疋」
② 特に、任官または叙位者の名簿で、人名の後に細字で書かれた前官位、任官叙位の理由となった年給や功労、履歴等についての注。
※吾妻鏡‐建長四年(1252)一一月三日「法印隆弁補権僧正、三品親王御祈賞之由有尻付
③ 特に、除目のとき、大間書(おおまがき)に書き入れた新任者の官位・姓名の下に細字で付された前官職、補任の理由(貢挙・申請・年給・功労など)や兼務などについての注。尻所(しどころ)
※中右記‐長治元年(1104)五月二日「先例臨時小除目無尻付、今度有尻付、頗違例也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android