コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大間書 おおまがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大間書
おおまがき

大間」ともいう。平安時代,朝廷において任官の儀式のとき,任ずべき官と人名を書並べた文書諸官を書連ねる際,闕官の行はあけておき,任官後その空間に,しかるべく追記したことからこの名がある。多くは巻物になっており,除目 (じもく) のとき,天皇の前で執筆の大臣がこれを繰り,任ずべき人々の名前を読み上げて順次書き加え,終るとその奥に月日を記入,天皇の奏覧を経て,これを清書し上卿 (しょうけい) に渡した。鎌倉時代には,所領を数人に分譲する場合,譲るべき所領と,これを受ける人名とを1通の譲状に書並べ,その前後を空白にした。これが大間書に似ているところから大間状と呼んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおま‐がき〔おほま‐〕【大間書】

行間を大きく空けるところからという》平安時代、除目(じもく)の際に用いた文書。闕官(けっかん)のある場合はその人名の行を空けておき、後で書き入れた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおまがき【大間書】

春秋の除目(じもく)すなわち任官に際して作製される文書で,欠員の官職名と任官候補者名を列記したもの。任官候補者名を記入するため,あらかじめ間隔をあけて記されるので大間書あるいは大間と呼ばれる。神祇官,太政官以下諸国司に及ぶ長大な文書である。除目の銓擬(せんぎ)が終了すると,執筆の大臣が欠員官職名の下に任官候補者の位階氏姓名を記入する。これを入眼という。入眼を終えると奥に日付を記入し,奏覧を経て清書の上卿に付せられ,黄紙もしくは白紙に清書された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおまがき【大間書】

平安時代、除目じもくのときに用いた文書。欠員になっている官の行をあけておき、任官後、そこに書き入れた。大間。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大間書
おおまがき

除目(じもく)のときつくられる文書の一つ。大間ともいう。神祇官(じんぎかん)、太政官(だいじょうかん)から諸国や鎮守府に至る内外の諸司名と、そのとき欠員の官名を列記してあり、執筆の大臣は任命にしたがって任官者の位階姓名等を記入していくが、のちに参議が清書する。現存の最古の大間書は鎌倉時代の写本(東洋文庫蔵)の存する長徳(ちょうとく)2年(996)のもので、『続群書類従』に収録。同書には室町後期のものも収めるが、明らかな架空名が多くみられ興味深い。[黒板伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大間書の言及

【除目大成抄】より

…後京極摂政とよばれた藤原(九条)良経(1169‐1206)が類聚。年々の大間書(おおまがき)(欠員の官を列記し,除目のときに任官者を記入する文書)を集めて,例えば年給,成功(じようごう),官司等の挙奏,巡任,兼国など任官の事由によって詳細に分類したもの。参考とすべき任官申請の申文,年労(勤続年数)や上日(出勤日数)などの勘文(調査書)等をも多く収載している。…

※「大間書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大間書の関連キーワード除目大成抄尻付け

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android