尻端折(読み)しりっぱしょり

精選版 日本国語大辞典の解説

しりっ‐ぱしょり【尻端折】

〘名〙 「しりはしょり(尻端折)」の変化した語。
※道草(1915)〈夏目漱石〉四「随分尻(シリ)ッ端折(パショ)りで、夫(それ)こそ御釜の御尻迄洗ったもんだが」

しり‐はしおり ‥はしをり【尻端折】

洒落本・蛇蛻青大通(1782)「四っ手の翼の自在を得ざれはぱっち尻端折(シリハシヲリ)の悋惜(しわみ)を用ひ」

しり‐はしょり【尻端折】

〘名〙 (「しりばしょり」とも) きもののすそをまくり上げて、帯の後ろにはさんでとめること。しりは。しりからげ。しりつまげ。しりはしおり。しりっぱしょり。
※咄本・鹿の子餠(1772)「尻端折(シリハショリ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

尻端折の関連情報