悋惜(読み)りんせき

精選版 日本国語大辞典「悋惜」の解説

りん‐せき【悋惜】

〘名〙 (古くは「りんぜき」とも) =りんしゃく(悋惜)色葉字類抄(1177‐81)〕
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)二「世尊は、ほとけの智恵におきて、悋惜(リンセキ)(〈〉オシミ)したまふところなかりけり」 〔書経伝‐仲虺之誥〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悋惜」の解説

りん‐しゃく【×惜】

《「りんじゃく」とも》物惜しみすること。りんせき。
「それがし望み申せども、御用の場所とて―あり」〈・百人上﨟〉

りん‐せき【×悋惜】

りんしゃく(悋惜)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる