コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御釜/御竈 オカマ

デジタル大辞泉の解説

お‐かま【御釜/×竈】

かま」「かまど」の美化語
(御釜)
異称
㋑男色。また、その相手。
(御釜)下女の異称。
火山の噴火口、または火口湖。蔵王山のものが有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御釜/御竈の言及

【蔵王山】より

…北蔵王は二重式火山で,最高峰の熊野岳(1841m)とその南方の刈田(かつた)岳(1758m)とをつなぐ〈馬の背〉とよばれる稜線が外輪山をなし,その東方の五色岳(1674m)は中央火口丘である。五色沼ともよばれる〈御釜(おかま)〉は,五色岳の西側に最後に生じた火口に水をたたえた火口湖で,たびたび活動が記録されている。とくに1895年の爆発が大きく,このときに生じた硫気孔が濁川火口瀬にみられる。…

※「御釜/御竈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御釜/御竈の関連キーワード宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉宮城県柴田郡川崎町前川吉備津神社(岡山市)御釜・御竈・御竃蔵王国定公園蔵王(町)塩竈神社しおがま酸栄養湖大西定林割れる式根島浅間山鉱水湖岩手山火口湖塩水湖噴火口台所男色

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android