尼法師(読み)あまほうし

精選版 日本国語大辞典「尼法師」の解説

あま‐ほうし ‥ホフシ【尼法師】

〘名〙
① 出家してとなった女。比丘尼(びくに)
※狭衣物語(1069‐77頃か)三「はやうはやう、あまほうしになりひね」
② 尼と法師
※栄花(1028‐92頃)花山たづぬる中納言「又いかなる頃にかあらん、の中の人いみじく道心起してあまほうしになり果てぬとのみ聞ゆ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の尼法師の言及

【尼】より

…出家して仏門に入った女性のこと。比丘尼(サンスクリットbhikṣuṇīの音写),尼法師ともいう。ふつうは戒律を守り,剃髪して,法衣を着るが,有髪のまま尼になることもある。…

※「尼法師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android