コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 あま

9件 の用語解説(尼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


あま

「比丘尼 (びくに)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あま【尼】

《発音は梵ambā(母)からといい、表記は「比丘尼(びくに)」の「尼」を用いたもの》
仏門に入った女性。比丘尼。
キリスト教で、修道院に入った女性。修道女。
(「阿魔」とも書く)女性をののしっていう語。
平安時代以後、肩の辺りで切りそろえた1の髪形。また、その髪形をした少女。
「―に削(そ)ぎたる児(ちご)の目に髪のおほひたるを」〈能因本枕・一五五〉

に【尼】

[名]《「比丘尼」の略》出家して戒を受けた女性。あま。
[接尾]出家した女性の名の下に添えて用いる。「蓮月

に【尼】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉) ジ(ヂ)(漢) [訓]あま
〈ニ〉
あま。「尼僧禅尼僧尼老尼
外国語の音訳字。「尼港摩尼牟尼(むに)
[補説]1も梵語の音訳字で「比丘尼(びくに)」の略。
〈ジ〉孔子のこと。「尼父(じほ)」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

尼【あま】

比丘(びく)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あま【尼】

出家して仏門に入った女性のこと。比丘尼(サンスクリットbhikṣuṇīの音写),尼法師ともいう。ふつうは戒律を守り,剃髪して,法衣を着るが,有髪のまま尼になることもある。在俗のまま仏道に入った女性を尼女房といい,剃髪の女性入道者を尼入道といった。また老後に隠居したり,夫と死別して尼になるものもいた。尼を敬称して尼御前という。尼僧の住する寺を尼寺といい,門跡寺院の尼僧住持を尼門跡という。男僧と尼僧とによって奉祀される寺院があり,長野市善光寺は大勧進と大本願とからなり,前者は男僧,後者は尼僧で旧華族から選ばれ,尼公と尊敬される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あま【尼】

ambā(母の意)、パーリ語 ammā からか〕
〘仏〙
出家得度して、正式の仏教修行者となった女性。比丘尼びくに
なんらかの形で仏門にはいった女性。
キリスト教の修道女。
女をののしっていう語。あまっこ。あまっちょ。
肩のあたりで切りそろえた、中古の尼の髪形。また、その髪形の少女。あまそぎ。 「 -にそぎたるちごの/枕草子 155

に【尼】

〔「比丘尼びくに」の略〕
[1] ( 名 )
女性で出家して僧籍に入った者。あま。
( 接尾 )
出家した女性の名の下に添える語。 「阿仏-」 「望東-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


あま

出家して仏門に入った女性のこと。サンスクリット語ビクシュニーbhikuの音写語である「比丘尼(びくに)」の略で、「あま」という読み方は、パーリ語のアムマーamm(サンスクリット語ではアムバーamb。母の意)からきたといわれる。尼法師、尼御前(あまごぜ)、尼前(あまぜ)などともいわれ、在家のままで剃髪(ていはつ)した女性を尼入道(あまにゅうどう)、尼女房(あまにょうぼう)などといった。尼の起源は古く、原始仏教の時代からあり、最初の尼となったのは、仏陀(ぶっだ)の養母であるマハーパジャーパティーMahpajpatであったといわれる。男子出家者の比丘よりも戒律は厳しく、比丘の二百五十戒に対して、比丘尼の三百四十八戒ともいわれ、教団におけるその地位も概して比丘より低かった。『日本書紀』によると、日本での最初の尼は、飛鳥(あすか)時代の善信尼(ぜんしんに)ら3人で、彼女らの住んだ桜井寺は最初の尼寺である。[松本史朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【僧】より

…仏教の出家修行者に対する総称。とくに男性を僧とよぶのに対し,女性は(あま)とよび,あわせて僧尼ともいう。〈僧〉とはサンスクリットのサンガsaṃghaに対する音写語で,僧伽(そうぎや)とも書き,衆,和合衆と訳す。…

【比丘尼】より

…出家して戒を受けた女性,仏教教団の正規の女性出家者。尼僧のこと,単に尼(あま)ともいう。サンスクリットbhikṣuṇī,パーリ語bhikkhunīの音写。…

※「尼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

尼の関連キーワード十大弟子アーリアサマージ平行六面体の法則Aḥmad Jazzār PaşaAmbālāĀshık PaşaChāma Rāja IV《Chronologischthematisches Verzeichnis sämtlicher Tonwerke W.A.Mozarts》Sāmān Khudāパーリ語原典協会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尼の関連情報