尾上松緑(2代)(読み)おのえ しょうろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾上松緑(2代) おのえ-しょうろく

1913-1989 大正-昭和時代の歌舞伎役者。
大正2年3月28日生まれ。7代松本幸四郎の3男。大正7年帝国劇場で初舞台。6代尾上菊五郎に師事。昭和10年2代松緑を襲名。12年舞踊の藤間流家元4代藤間勘右衛門,50年2代藤間勘斎をつぐ。24年尾上菊五郎劇団を結成,父幸四郎と菊五郎の立役(たちゃく)を継承した。47年人間国宝。48年芸術院会員。62年文化勲章。平成元年6月25日死去。76歳。東京出身。本名は藤間豊。屋号は音羽屋。
【格言など】歌舞伎は真似から始まり,真似で終わってはいけない(信条)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android