コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上松緑(2代) おのえ しょうろく

1件 の用語解説(尾上松緑(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾上松緑(2代) おのえ-しょうろく

1913-1989 大正-昭和時代の歌舞伎役者。
大正2年3月28日生まれ。7代松本幸四郎の3男。大正7年帝国劇場で初舞台。6代尾上菊五郎に師事。昭和10年2代松緑を襲名。12年舞踊の藤間流家元4代藤間勘右衛門,50年2代藤間勘斎をつぐ。24年尾上菊五郎劇団を結成,父幸四郎と菊五郎の立役(たちゃく)を継承した。47年人間国宝。48年芸術院会員。62年文化勲章。平成元年6月25日死去。76歳。東京出身。本名は藤間豊。屋号は音羽屋。
【格言など】歌舞伎は真似から始まり,真似で終わってはいけない(信条)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尾上松緑(2代)の関連キーワードレーザレーダ追突警報装置デトリングバルカン戦争光の科学史朝日新聞片町線山一抗争熔結凝灰岩濱田万葉里見☆しのぶ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone