コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎邑鵬(読み)おざき ゆうほう

美術人名辞典の解説

尾崎邑鵬

書家。大正13年(1924)京都府生。名は敏一。宮津青年学校卒。漢字を得意とす。辻本史邑広津雲仙に師事。日展依嘱。毎日書道展審査会員、由源社主宰。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎邑鵬 おざき-ゆうほう

1924- 昭和後期-平成時代の書家。
大正13年1月5日生まれ。辻本史邑,廣津雲仙に師事。松坂屋大阪店勤務などをへて書に専念,中国の張瑞図,金冬心の書に傾倒する。昭和29年から日展に連続入選し,38年特選,45年菊華賞,61年文部大臣賞。また58年の読売書法展で大賞。平成5年「杜少陵詩」で芸術院賞。由源社を主宰。日展参事。京都出身。宮津青年学校卒。本名は敏一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android