コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻本史邑 つじもと しゆう

美術人名辞典の解説

辻本史邑

書家。奈良県生。名は勝巳、字は士礼、別号に寧楽庵主人・江村。桑山兼山・近藤雪竹山本竟山等に漢字を、中村春堂・尾上柴舟に仮名を習う。書道雑誌「書鑑」を刊行、関西を中心に後進の育成につとめた。日展参事。芸術院賞受賞。昭和32年(1957)歿、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻本史邑 つじもと-しゆう

1895-1957 大正-昭和時代の書家。
明治28年5月3日生まれ。近藤雪竹(せっちく),中村春堂らに師事。雑誌「書鑑」を創刊。東方書道会に属し,戦後は日本書芸院会頭となり関西書道界の発展につくした。昭和28年芸術院賞。昭和32年12月22日死去。62歳。奈良県出身。奈良師範卒。旧姓は吉田。本名は勝己。別号に寧楽庵主人,江村など。編著に「昭和新撰碑法帖大観」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

辻本史邑の関連キーワード広津 雲仙今井凌雪広津雲仙炭山南木谷辺橘南昭和時代杉岡華邨村上三島尾崎邑鵬榊莫山