コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎鋳五郎 おざき ちゅうごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎鋳五郎 おざき-ちゅうごろう

1842-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)13年生まれ。肥前島原藩(長崎県)藩士。徒士(かち)役。文久3年脱藩して尊攘(そんじょう)運動にくわわる。長州へおもむき,外国船砲撃に参加。ついで中山忠光の天誅(てんちゅう)組の挙兵にくわわり,捕らえられて文久4年2月16日処刑された。23歳。名は靖。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尾崎鋳五郎の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)元治ゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ウォートルス科学史佐久間象山ホーソンエンゲルスアーサー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android