コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎鋳五郎 おざき ちゅうごろう

1件 の用語解説(尾崎鋳五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎鋳五郎 おざき-ちゅうごろう

1842-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)13年生まれ。肥前島原藩(長崎県)藩士。徒士(かち)役。文久3年脱藩して尊攘(そんじょう)運動にくわわる。長州へおもむき,外国船砲撃に参加。ついで中山忠光の天誅(てんちゅう)組の挙兵にくわわり,捕らえられて文久4年2月16日処刑された。23歳。名は靖。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尾崎鋳五郎の関連キーワード元治科学史柳亭種彦アフガン戦争アヘン戦争広東十三行紀行文学ウォンガヌイ板倉勝静市川左団次(初代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone