コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾形月耕 おがた

3件 の用語解説(尾形月耕の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

尾形月耕

日本画家。東京生。本名は田井正之助。画は菊池容斎の画法により、独修して一家を成す。また文芸雑誌・新聞の挿絵を描き、錦絵にも新生面を開いて名を馳せた。作品に「山王祭図」等。大正9年(1920)歿、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾形月耕 おがた-げっこう

1859-1920 明治-大正時代の日本画家。
安政6年9月15日生まれ。独学で絵をまなび人力車の蒔絵(まきえ)や輸出用七宝焼の下絵をかく。明治20年前後「絵入朝野新聞」などおおくの新聞,雑誌に挿絵,口絵などを制作。風俗をかいた錦絵「月耕漫画」を発刊。31年日本美術院の創立に参加,正員となった。大正9年10月1日死去。62歳。江戸出身。旧姓は鏡,田井。名は正之助。作品に「山王祭」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

尾形月耕

没年:大正9.10.1(1920)
生年:安政6.9.15(1859.10.10)
明治大正期の日本画家。江戸京橋生まれ。本名鏡正之助。のち尾形光哉の養子となり,尾形姓となる。谷文晁,菊池容斎,河鍋暁斎らに私淑し,独学で絵を学んだ。明治初年に絵ビラや人力車の蒔絵,輸出用陶器の下絵などを描き,また『絵入朝野新聞』の挿絵や春陽堂,博文館などの雑誌口絵,錦絵『月耕漫画』などを制作する。明治20年代以降,日本青年絵画協会,日本画会の設立に参加,31(1898)年には日本美術院創立に参加し正員となるなど新派系の有力作家として活躍した。大正1(1912)年第6回文展で「山王祭」(東京国立博物館蔵)が3等賞受賞。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾形月耕の関連キーワード松本楓湖森白甫岡田蘇水渡辺省亭古屋重壽前川孝嶺岡村葵園庄田耕峰千種掃雲三島蕉窓

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尾形月耕の関連情報