コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾形月耕 おがた

美術人名辞典の解説

尾形月耕

日本画家。東京生。本名は田井正之助。画は菊池容斎画法により、独修して一家を成す。また文芸雑誌・新聞の挿絵を描き、錦絵にも新生面を開いて名を馳せた。作品に「山王祭図」等。大正9年(1920)歿、61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾形月耕 おがた-げっこう

1859-1920 明治-大正時代の日本画家。
安政6年9月15日生まれ。独学で絵をまなび人力車蒔絵(まきえ)や輸出用七宝焼の下絵をかく。明治20年前後「絵入朝野新聞」などおおくの新聞,雑誌に挿絵,口絵などを制作。風俗をかいた錦絵「月耕漫画」を発刊。31年日本美術院の創立に参加,正員となった。大正9年10月1日死去。62歳。江戸出身。旧姓は鏡,田井。名は正之助。作品に「山王祭」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尾形月耕

没年:大正9.10.1(1920)
生年:安政6.9.15(1859.10.10)
明治大正期の日本画家。江戸京橋生まれ。本名鏡正之助。のち尾形光哉の養子となり,尾形姓となる。谷文晁,菊池容斎,河鍋暁斎らに私淑し,独学で絵を学んだ。明治初年に絵ビラや人力車の蒔絵,輸出用陶器の下絵などを描き,また『絵入朝野新聞』の挿絵や春陽堂,博文館などの雑誌口絵,錦絵『月耕漫画』などを制作する。明治20年代以降,日本青年絵画協会,日本画会の設立に参加,31(1898)年には日本美術院創立に参加し正員となるなど新派系の有力作家として活躍した。大正1(1912)年第6回文展で「山王祭」(東京国立博物館蔵)が3等賞受賞。

(佐藤道信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

尾形月耕の関連キーワード庄田 耕峰坂田 耕雪月岡 耕漁山村 耕花月岡耕漁大正時代阪田耕雪北村透谷山村耕花庄田耕峰水野年方坂田耕雪金森南耕

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android