コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山王祭 さんのうまつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山王祭
さんのうまつり

東京都千代田区永田町に鎮座する日枝神社例祭。文明10(1478)年に太田道灌が川越の山王宮を現在地に勧請した日といわれる 6月15日の例祭奉幣を中心として,6月6~17日にかけて行なわれる。本来は船祭りとして始まったと伝わるが,江戸時代には,神田神社神田祭とともに神幸行列が江戸城内に入って将軍の上覧を受ける天下祭とされ,神田祭と交互に隔年(子・寅・辰・午・申・戌の年)の旧暦 6月15日に,宮神輿(→神輿)と氏子各町内の山車や附祭(つけまつり)が長蛇の列をなして行列する神幸祭が行なわれ,将軍の上覧を受けていた。今日も神田祭と隔年で 15日前後の平日に神幸祭があり,2基の鳳輦(ほうれん)と 1基の宮神輿,氏子町内からの美少年山車や東郷元帥山車,牛若大山車などの山車が行列して皇居周辺から日本橋銀座と東京中心部をめぐり,皇居では宮司らが坂下門から参内して神符(→お札)献上が行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

山王祭

江戸時代から続く日枝神社(千代田区永田町)の祭礼で、江戸三大祭の一つ。江戸時代には、江戸城の中にみこしが入ることが許され、徳川将軍も上覧したといい、神田祭とともに「天下祭」ともいわれる。今年は2年に一度の本祭。日枝神社を出発したみこしや山車は、靖国神社、皇居前を通り、日本橋から銀座の中央通りなどを巡る。豪華な王朝装束に身を包んだ総勢500人が300メートルの列を作る。

(2014-06-11 朝日新聞 朝刊 東京西部 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんのう‐まつり〔サンワウ‐〕【山王祭】

滋賀県大津市の日吉(ひよし)大社の例祭。山王権現の使者が猿であるとの信仰から、毎年陰暦4月の申(さる)の日に行われた。現在は4月14日。日吉祭 春》
東京都千代田区にある日枝(ひえ)神社の例祭。毎年6月15日に行われる。江戸二大祭りの一つで、神田祭とともに天下祭りといわれる。 夏》深川祭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

山王祭【さんのうまつり】

山王権現の祭。(1)滋賀県日吉(ひえ)大社の例祭。古来日吉祭と呼ばれ著名。昔は4月中申(さる)の日,現在は4月14日。12日夜の午(うま)の神事,13日宵宮(よいみや)落の勇壮な神輿(みこし)振り,14日天台座主の五色の奉幣と続き,同日午後唐崎湖上へ7基の神輿が渡御

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんのうまつり【山王祭】

東京都千代田区にある日枝(ひえ)神社の祭礼。狭義にはとくにその神幸祭をいう。日枝神社は,文明年間(1469‐87)に江戸城の地に勧請されたが,のち現在地に移ったものである。山王祭は,江戸時代には天下祭,御用祭とも別称され,神幸行列は江戸城内に練り込み,将軍の上覧に供したという。祭列には多数の山車(だし)が出,お囃子,踊り,練物,曳物などが加わって豪華な祭りであった。1681年(天和1)以後,神田明神神田祭と隔年で行うことになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんのうまつり【山王祭】

山王権現の例祭。
滋賀県大津市坂本の日吉ひえ大社の例祭。4月14日(古くは陰暦4月中の申の日)を中心に行われる。日吉祭。 [季] 春。
東京都千代田区永田町にある日枝神社の例祭。6月15日を中心に行われる。日本三大夏祭の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山王祭
さんのうまつり

東京都千代田区永田町に鎮座する日枝(ひえ)神社の祭礼をいう。近江(おうみ)(滋賀県大津市坂本)の日吉(ひえ)大社を勧請(かんじょう)した多くの神社は一般に日吉ないし日枝と称するが、中世から近世まで日吉山王社とか山王権現(ごんげん)とも称されたので、その祭礼も山王祭とよばれた。もと江戸城内紅葉山(もみじやま)に鎮座していたため、家康以来徳川将軍家代々の産土神(うぶすながみ)とされ、また江戸城下町西半部の総鎮守(ちんじゅ)でもあった。同じくその東半部の総鎮守、神田(かんだ)明神(現、神田神社)の神田祭とともに将軍上覧の栄誉を誇って御用祭、天下祭とも称した。祭日は6月15日で、3基の本社神輿(みこし)が茅場町(かやばちょう)の御旅所(おたびしょ)へ神幸する形式だが、もとこれに供奉(ぐぶ)して江戸末期には60基を超えた山車(だし)・練物(ねりもの)も、たび重なる震災・戦災でほぼ消失し、現在では多数の町神輿主体の祭礼に変化している。なお1615年(元和1)以来、本祭を神田祭と隔年交代で執行し、神幸を出さぬ年の祭りを陰祭(かげまつり)という。[薗田 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山王祭の言及

【日枝神社】より

…旧官幣大社。例祭は6月15日で,江戸時代より中心地の名社の祭礼として,山王祭,御用祭,天下祭などとよばれ,神田祭,浅草三社祭とともに,江戸三大祭の一つとされる。【鎌田 純一】。…

【日吉祭】より

…滋賀県大津市坂本に鎮座する日吉(ひよし)大社で,4月14日を中心に行う祭り。山王祭ともいった。元来,中心の祭りを4月中申日に行うのが例であったので申(さる)祭の名でも呼ばれた。…

【日吉大社】より

… 日吉社の祭りはもと山の神をむかえて豊作を祈るもので,4月12,13日(旧暦4月の中の午(うま)と未(ひつじ)の日)の祭りは古式をとどめ,また明治以前は4月8日の花まつりには比叡山の女人結界が開放され,結界内の花摘堂に花を供えに女性たちが参拝したと伝え,山の神をむかえる儀式が形を変えて残ったものとされる。4月14日(申(さる)の日)の大宮の祭りは山王七社の神事で,七社の神輿が湖上に出て唐崎の沖で〈粟津の御供〉をうける儀式で,10世紀末には山王祭の主要な祭祀となった。 神々は国家の手厚い保護をうけ,《延喜式》には名神大社に列し,大比叡神は正一位,小比叡神は従四位上の位階をうけ,二十二社にも加えられた。…

※「山王祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山王祭の関連キーワード日吉大社(ひえたいしゃ)東京都千代田区永田町日枝神社(東京都)滋賀県大津市坂本観音寺(滋賀県)東京都千代田区賤機帯・賎機帯日吉大社山王祭神田祭(行事)三浦小次郎富岡八幡宮底抜け屋台坂東三津江葛西囃子川越祭り山車人形日吉大社尾形月耕お練り祭礼物

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山王祭の関連情報